Home
製品情報
ソリューション
解析事例
イベント・セミナー
NewsLetter
ユーザーサイト
お問い合わせ
製品情報

THUMS バージョン

2009年に開発されたVersion 4では、頭部傷害だけではなく、骨折や内臓の傷害なども評価できるようになりました。人体の形状や内臓を表すメッシュは非常に詳細なCTスキャンデータを基に作成されており、各内臓ごとに傷害レベルを評価できます。


THUMS Ver.1 (骨)

THUMS Ver.1(骨)


THUMS Ver.3 (骨+脳)

THUMS Ver.3(骨+脳)


THUMS Ver.4 (骨+脳+内臓)

脳や内臓を始めとした主要な体組織を傷害の程度まで予測できるレベルにモデル化しました。

THUMS Ver.4 (骨+脳+内臓)






THUMS AM50 Ver.4.01(骨+脳+内臓)

THUMS AM50 がVer4.0からVer 4.01にバージョンアップされました。

<変更概要>

THUMS AM50 Ver.4.01(骨+脳+内臓)

<変更点>



各バージョンの機能比較

バージョンにより、予測できる内容が異なります。
詳細はお問い合わせください。



各バージョンの機能比較



Injury Mode Version 1 Version 3 Version 4
Version 4.01
骨折と腱の断裂 予測可能 予測可能 予測可能
脳傷害 NA 予測可能 予測可能
内臓傷害 NA NA 予測可能




ページトップへ戻る
※ このサイトに掲載されている一部の車体モデルはNCAC/GWUの提供です。
※ 記載されている製品およびサービスの名称は、それぞれの所有者の商標または登録商標です。

NTT DATAグループ 日本総研