Home
製品情報
ソリューション
解析事例
イベント・セミナー
NewsLetter
ユーザーサイト
お問い合わせ
JVISION
製品情報

JVISION 機能

JVISION/Geometry, JVISION/Condition

JVISIONのプリプロセッサー機能は、形状作成の部分(JVISION/Geometry)と解析条件の設定部分(JVISION/Condition)のふたつのモジュールから構成されています。基本的に有限要素法では形状作成はソルバーや解法とは独立に考えることができます。このためJVISIONではメモリ等のシステム資源を有効かつ効率的に使用するため、形状作成と条件設定の機能を独立して起動するようにしています。

またユーザーが有限要素モデルの形状データを作成中は、関係のない解析条件設定のダイアログやメニューが、また解析条件設定の際には形状データ作成のためのダイアログやメニューが隠蔽されているため、必要な機能のみをわかりやすく表示することができます。



JVISION/Geometry画面
JVISION/Geometry画面


解析条件設定ダイアログの一例(LS-DYNA用メニュー)
解析条件設定ダイアログの一例(LS-DYNA用メニュー)


d3hsp checker (Ver.2.6 〜)



d3hsp Checker



ページトップへ戻る
※ このサイトに掲載されている一部の車体モデルはNCAC/GWUの提供です。
※ 記載されている製品およびサービスの名称は、それぞれの所有者の商標または登録商標です。

NTT DATAグループ 日本総研