Home
製品情報
ソリューション
解析事例
イベント・セミナー
NewsLetter
ユーザーサイト
お問い合わせ
JVISION
製品情報

Jvision ver.3

特徴



新たなユーザーインターフェース

Pre/Post 一体型システム




マルチ操作インターフェース



チュートリアル 演習1 (鋼球と板の衝突)


ページトップへ戻る


LS-DYNA インターフェースを強化


PART名による描画対象選択
パート名による描画対象選択



*INCLUDE を用いたモデルアセンブリ構造表現





ソルバ実行


ページトップへ戻る


データ・情報の管理、共有化

Jvision ver.3 では解析作業で蓄積されたソルバーデータや情報などを共有する機能を搭載しており、解析情報の活用を図ることができます。 キーワードテンプレートとコマンドフロー(後述)の解析情報蓄積、共有機能を利用することで、必要最小限の操作で解析入力データを作成することも可能になります。

コマンドフロー、メモ機能





その他



ページトップへ戻る
※ このサイトに掲載されている一部の車体モデルはNCAC/GWUの提供です。
※ 記載されている製品およびサービスの名称は、それぞれの所有者の商標または登録商標です。

NTT DATAグループ 日本総研