解析事例

せん断加工シミュレーション

  • 材料に相当塑性ひずみによる破壊条件を定義、限界値を超えるひずみが発生した要素を自動的に削除
  • せん断加工は非常に効率のよい加工法であるが、せん断面に「だれ」や「バリ」が発生しやすいため、工具形状や加工条件の検討が必要
  • 破断面の形状を精度よくとらえるためには要素分割を非常に細かくする必要がある





ページトップへ戻る
※ このサイトに掲載されている一部の車体モデルはNCAC/GWUの提供です。
※ 記載されている製品およびサービスの名称は、それぞれの所有者の商標または登録商標です。

NTT DATAグループ 日本総研