解析事例

2D r-adaptive法による鍛造シミュレーション

  • 軸対称モデルによる、複雑な形状の金型を用いた鍛造シミュレーション
  • リメッシュ間隔、要素サイズはユーザーがコントロール可能





ページトップへ戻る
※ このサイトに掲載されている一部の車体モデルはNCAC/GWUの提供です。
※ 記載されている製品およびサービスの名称は、それぞれの所有者の商標または登録商標です。

NTT DATAグループ 日本総研