解析事例

アダプティブ要素による角筒深絞り

  • 角頭パンチ、球頭パンチ、ダイ、ホルダー、ドロービードをモデル化
  • 材料の変形にともない自動的にリメッシュ・リマップを実行
  • アダプティブリメッシュによりモデル作成時間を短縮可能





ページトップへ戻る
※ このサイトに掲載されている一部の車体モデルはNCAC/GWUの提供です。
※ 記載されている製品およびサービスの名称は、それぞれの所有者の商標または登録商標です。

NTT DATAグループ 日本総研