解析事例

頭部歩行者カウルのみ

  • 頭部歩行者保護解析において、特に傷害値が悪化しがちなカウルでの単体評価を行った
  • カウル各部の応力/ひずみ状態などからカウル形状、リブ形状、適用材料などを設計し、傷害値を減少させる





ページトップへ戻る
※ このサイトに掲載されている一部の車体モデルはNCAC/GWUの提供です。
※ 記載されている製品およびサービスの名称は、それぞれの所有者の商標または登録商標です。

NTT DATAグループ 日本総研