ソリューション

塑性加工ソリューション

塑性加工はLS-DYNAによるシミュレーションが最も応用されている分野のひとつです。プレス成形に関しては、加工時におけるわれやしわの発生や、スプリングバック量を精度よく予測することにより、金型設計や加工条件の設定などに活かされています。その他様々な加工方法に関しても、LS-DYNAにより初期肉厚分布、まさつ、熱伝導、材料物性など多くの加工条件を考慮して、加工後の製品の肉厚分布、ひずみ分布などの形状を予測することが可能です。LS-DYNAによるシミュレーション結果とみなさまが長年培ってきた貴重な経験上のノウハウを合わせることにより、加工精度の向上や、型改修コストの削減、部品単価の引き下げが期待できます。



プレス成形シミュレーション

プレス成形シミュレーション

ロール圧延シミュレーション ロール圧延シミュレーション

ロール圧延シミュレーション

  • プレス成形※
  • チューブフォーミング
  • ハイドロフォーミング
  • ロール成形
  • 鍛造
  • 鋳造
  • ブロー成形
  • 多工程加工シミュレーション
  • etc...

※プレス成形に関しては、プレス成形シミュレーション専用統合解析システム「JSTAMP」を用意しています。



塑性加工解析事例

ドアパネルのプレス成形(自重たわみ) ドアパネルのプレス成形(ブランクホールディング) ドアパネルのプレス成形(フォーミング) ドアパネルのプレス成形(フランジ曲げ)
51)ドアパネルのプレス成形(自重たわみ) 52)ドアパネルのプレス成形(ブランクホールディング) 53)ドアパネルのプレス成形(フォーミング、加工時の板厚変化) 55)ドアパネルのプレス成形(フランジ曲げ、材料の変形)
ドアパネルのプレス成形(カムフランジ) フードインナのプレス成形 アダプティブ要素による角筒深絞り 多工程チューブ曲げ加工 工程1
57)ドアパネルのプレス成形(カムフランジ、フランジ部拡大図) 59)フードインナのプレス成形 60)アダプティブ要素による角筒深絞り 62)多工程チューブ曲げ加工 工程1
多工程チューブ曲げ加工 工程2 多工程チューブ曲げ加工 工程3 S字チューブのハイドロフォーミング U字チューブのハイドロフォーミング
63)多工程チューブ曲げ加工 工程2 64)多工程チューブ曲げ加工 工程3 65)S字チューブのハイドロフォーミング 66)U字チューブのハイドロフォーミング
フリーバルジ成形 チューブのロール押付け曲げ加工 チューブの3ロール曲げ加工 チューブの4ロール曲げ加工
67)フリーバルジ成形 68)チューブのロール押付け曲げ加工 69)チューブの3ロール曲げ加工 70)チューブの4ロール曲げ加工
チューブのロール3点曲げ加工 チューブのプレス曲げ加工 チューブの押付け・押曲げ加工 PETボトルのブロー成形
71)チューブのロール3点曲げ加工 72)チューブのプレス曲げ加工 73)チューブの押付け・押曲げ加工 74)PETボトルのブロー成形
熱伝導を考慮した厚肉鋼板のプレス成形 3D鍛造シミュレーション 2D鍛造シミュレーション(後方押し出し) 2Dr-adaptive法による鍛造シミュレーション
75)熱伝導を考慮した厚肉鋼板のプレス成形 76)3D鍛造シミュレーション 78)2D鍛造シミュレーション(後方押し出し) 79)2Dr-adaptive法による鍛造シミュレーション
Euler要素による金属の切削シミュレーション せん断加工シミュレーション ロール圧延シミュレーション 対向液圧プレス成形シミュレーション
80)Euler要素による金属の切削シミュレーション 81)せん断加工シミュレーション 85)ロール圧延シミュレーション 87)対向液圧プレス成形シミュレーション
3Dr-adaptiveによる押し出し成形 ヘミング加工シミュレーション メッシュフリーによる後方押出しシミュレーション Euler要素による押出しシミュレーション
92)3Dr-adaptiveによる押し出し成形 93)ヘミング加工シミュレーション 95)メッシュフリーによる後方押出しシミュレーション 96)Euler要素による押出しシミュレーション
2Dr-adaptive法による熱・構造連成解析 ジョイント部品の押出し成形 ニアネットシェイプ成形 ギアの冷間鍛造解析
97)2Dr-adaptive法による熱・構造連成解析 101)ジョイント部品の押出し成形 102)ニアネットシェイプ成形 172)ギアの冷間鍛造解析
3D せん断加工解析(矩形1/4モデル) 3D せん断加工解析(円形打ち抜き 1/8モデル)
207)3D せん断加工解析(矩形1/4モデル) 208)3D せん断加工解析(円形打ち抜き 1/8モデル)



プロジェクト委託

弊社の高い技術、多くの経験を活用してみませんか。解析技術の確立から技術標準化コンサルティング、 実際の製品設計まで弊社がお手伝いします。

>>製品開発コンサルティング/構造系受託解析についてはこちら



トレーニングセミナー(ユーザー対象)



お問い合わせ

ご興味をお持ちの方は、お気軽に下記までお問い合わせください。

株式会社JSOL エンジニアリングビジネス事業部
東京   Tel:03-5859-6020 Fax:03-5859-6035 E-Mail: cae-info@sci.jsol.co.jp




ページトップへ戻る
※ 記載されている製品およびサービスの名称は、それぞれの所有者の商標または登録商標です。
※ 車体モデル提供:NCAC/GWU。

NTT DATAグループ日本総研