ソリューション

自動車ボデー設計のための衝突シミュレーション



自動車のボデー設計を行なうにうえで、開発期間短縮、品質向上、コスト削減の至上命題を達成するため、衝突シミュレーションによる早期検討はなくてはならないものになってきています。
弊社では、自動車の衝突解析の黎明期からソルバー開発、解析技術開発、周辺ソフトウェアの整備など、お客様とともにLS-DYNAの衝突シミュレーション技術を確立してきました。ここに自動車メーカー各社様、自動車部品各社様向けに、弊社の技術の集大成をご提供いたします。



画像をクリックすると大きな画像でご欄いただけます。


プロジェクト委託

弊社の高い技術、多くの経験を活用してみませんか。解析技術の確立から技術標準化コンサルティング、 実際の製品設計まで弊社がお手伝いします。

>>製品開発コンサルティング/構造系受託解析についてはこちら



トレーニングセミナー

自動車衝突解析を習得していただくためのトレーニングセミナーです。



スペシャルセミナー

現在企画されているスペシャルセミナーはありません。
2007年のスペシャルセミナーはこちら



FEモデルライブラリー


衝突試験はJ/E/NCAP、各国法規やIIHSなど各試験規格に準拠します。それを再現する衝突シミュレーションでは、これらの各規格で用いられるバリア、ダミーなどが必要です。弊社では実験と合わせこんだこれらのモデルをライブラリとしてご提供しています。

>>LS-DYNA有限要素モデルのご案内はこちら




お問い合わせ

ご興味をお持ちの方は、お気軽に下記までお問い合わせください。

株式会社JSOL エンジニアリングビジネス事業部
東京   Tel:03-5859-6020 Fax:03-5859-6035 E-Mail: cae-info@sci.jsol.co.jp




※ HybridV 5%ileダミーモデルの開発元はFirst Technology Safety Systems(米国)です。
※ ODBの開発元は日本総研およびARUP(英国)です。
※ バーチャルデジタイヤの開発元は住友ゴム工業株式会社および日本総研です。

※ LS-DYNAは米国 Livermore Software Technology Corporation の登録商標です。
※ デジタイヤは住友ゴム工業株式会社の登録商標です。
※ 記載されている製品およびサービスの名称は、それぞれの所有者の商標または登録商標です。



ページトップへ戻る
※ 記載されている製品およびサービスの名称は、それぞれの所有者の商標または登録商標です。
※ 車体モデル提供:NCAC/GWU。

NTT DATAグループ日本総研