イベント・セミナー

樹脂部品の強度解析セミナー(基礎編)

Last Updated 2009-03-09

概要

 近年樹脂部品への構造強度解析の需要が高まっています。自動車や家電製品などで樹脂部品の適用が進み、意匠だけでなく構造的な強度や耐衝撃性も求められるようになりました。製品設計のために実験や試験を行うと開発期間の増加やコスト増加を招いてしまいます。そこで、構造解析による樹脂部品の強度検討が重要視されています。

 樹脂部品の強度解析は、変形が大きく、また樹脂材料のモデル化も複雑であるという特徴があり、非常に難しい解析と考えられています。しかし現在では解析技術の進歩により、解析が可能な範囲が増えてきています。

 本セミナーでは、これから樹脂部品の解析を始めようとする設計者の方のために、構造強度解析の基礎が理解できるよう簡単な実習を含めた樹脂部品の強度解析についてご説明します。また、最新の解析事例や解析技術の進化などもご紹介します。

 樹脂部品の強度解析では、大変形を伴う衝撃解析や強度解析を行うため、LS-DYNAを使用します。LS-DYNAによる実習を行いますが、構造解析の重要な考え方をご理解いただけるように実行可能なデータは基本的にご用意します。また、講師は日常的に解析を行っている弊社技術者が担当し、セミナー終了後、解析に関するご質問やご相談にも応じます。お気軽にご参加ください。

>>LS-DYNA概要へ

目的・ねらい

  • 樹脂解析をなるべく簡単に行うための方法をご紹介します。
  • 樹脂解析を通じて、「仮説の設定 → 検証」という構造解析の基本的な考え方を体験していただきます。
  • より高度な解析も将来的に行えるように、樹脂部品の強度解析の進化と最新状況をご紹介します。


使用するプログラム

  • 構造解析ソフトウェア LS-DYNA  (プリポストはLS-PREPOSTを使用)


お申し込み

受講日数: 各回1日
対象者: 「LS-DYNA」の導入を検討されているお客様
樹脂部品の強度を検討されたい設計者の方、強度解析にご興味のある方、
エッセンスをお知りになりたい方など
時間: 13:00 〜 16:30
定員: 各回4名〜6名 (会場により異なります)
受講料: 無料
申込〆切: 開催日5営業日前 
*定員に達した場合、締切らせていただくことがございます。


スケジュール


内容
前半
・ 樹脂部品の解析の現状
・ 樹脂部品の最新の解析事例紹介
   物性材料モデル
   メッシュの作成方法
   樹脂流動と構造解析の連成
   LS−DYNAによる解析事例紹介
・ 実用的な解析手法の紹介
   一般的によく用いられる材料モデルの紹介
   メッシュの一般的な作成方法
   シミュレーションを行う上でのポイント

後半
・ 解析実習 簡単な例題で設計体験

●その1 衝撃編
リブによる衝撃吸収性の確認解析

解析前にまず結果の予測を立てていただきます。その後実際に計算してみて、予測が正しいかどうか、確認していただきます。

例題1)Aピラーのリブ設計

リブの高さや数を変えたモデルをあらかじめ準備します。インパクターを衝突させて、衝撃吸収性を検討します。また、板厚も変更して解析を実施し、その影響を検討します。

例題2)リブを立てた箱の設計

リブの数、板厚などを変えた解析モデルをあらかじめ準備しておきます。
圧縮する解析を行い、どのモデルが一番強度があるか、検討します。
事前に予測を立てていただき、計算実施後その予測通りかどうか、考察します。

pillar

●その2 静強度編〜
静的な圧縮解析

例題2)のモデルを使用して、静的な圧縮解析を行います。
解析の手法(非線形解析、線形解析など)を変更して解析していただき、解析手法の違いで結果が異なることをご理解していただきます。
この解析により、樹脂部品の適切な解析手法の重要さをご理解いただきます。

※セミナー終了後、解析に関するご質問やご相談を承ります。



開催スケジュール
開催地 定員 2009年
1月 2月 3月
東京 6
名古屋 6
大阪 4 3/6
終了


注意事項

【最少開催人数/開催中止について】
お申し込みが2名に満たない場合は中止させていただく場合がございます。また、講師の急病、事故、交通機関のストライキ、台風や地震等のため、やむを得ず休講または日程変更することがあります。予めご了承ください。その際は改めてご連絡申し上げます。

【キャンセル】
準備の都合上、お申込みの取り消しはセミナー開催初日の5営業日前までとさせていただきます。



お問い合わせ

株式会社JSOL エンジニアリングビジネス事業部
セミナー事務局
E-Mail : event@sci.jsol.co.jp
TEL 03-5859-6020 FAX 03-5859-6035





ページトップへ戻る
※ 記載されている製品およびサービスの名称は、それぞれの所有者の商標または登録商標です。
※ 車体モデル提供:NCAC/GWU。

NTT DATAグループ日本総研