製品情報

JOH/NIKE 事例紹介

制振鋼板の曲げ加工

制振鋼板の3点曲げのシミュレーションです。制振鋼板は、板厚0.5mmの樹脂が板厚0.25mmの鉄板ではさまれたサンドイッチ構造となっており、曲げにより「カモメ」とよばれる特徴的な変形形状となります。ダイにセットされた制振鋼板は、強制変位により移動する円筒工具で曲げ加工されます。材料と工具の間にはスライド+ボイド型の接触条件が定義されています。このシミュレーションにより「カモメ」状の変形モードをとらえることができました。 またダイ肩部は直角であり、材料との接触はエッジのみとなっていますが、JOH/NIKEはこのようなシビアな接触条件に対しても収束性がよく、安定した解が得られます。




ページトップへ戻る
※ 記載されている製品およびサービスの名称は、それぞれの所有者の商標または登録商標です。
※ 車体モデル提供:NCAC/GWU。

NTT DATAグループ日本総研