製品情報

LS-DYNA 概要

製品開発手法の変革の時代へ

製造産業におけるボーダーレスの時代を迎えた今日では、製品の品質や価格に対する国際的な競争力がいっそう求められています。また生産技術が確立したスタンダードな製品であっても、環境対策や資源調達など製品をとりまく情勢が激変する中にあって、材料や生産工程など設計にかかわる基本的な要因を根本的に見直す必要に迫られています。すなわちこれまでの設計開発の前提条件が大きく変わろうとしています。このようなとき、設計手法の改良を行なうにしても従来の延長や手直しでは対応しきれない状況も充分考えられます。



LS-DYNA、それが株式会社JSOLからの提案です

今日ではあらゆる分野の製品開発においてコンピューター支援エンジニアリング(CAE)の適用は欠かすことのできない技術となっていますが、上記のような製品開発をとりまく情勢の変化にともなって、その重要性はますます高まっているといえるでしょう。CAEソフトウェアとしては、その目的や機能に応じた様々な製品が市販されています。その中にあって設計プロセスの根本的な見直し、製品の高品質化等の高度な課題に対応するための株式会社JSOLからの提案、それが汎用CAEソフトウェアLS-DYNAなのです。


LS-DYNA、それが株式会社JSOLからの提案です



ページトップへ戻る
※ 記載されている製品およびサービスの名称は、それぞれの所有者の商標または登録商標です。
※ 車体モデル提供:NCAC/GWU。

NTT DATAグループ日本総研