製品情報

LS-DYNA 機能

解法

LS-DYNAは従来から、動的陽解法による衝撃解析ソフトウェアとして知られてきましたが、V950より陰解法が実装されました。これにより動解析から純粋な静解析まで広範な問題に対応できるようになりました。また構造解析のみならず、熱や音響といった非構造系の解析機能も強化されています。さらにLagrange有限要素法の適用が困難な問題に対し、ALEやメッシュフリーなどの解法も実装されており、LS-DYNAはマルチフィジックスコードして機能拡張が継続されています。


  • 動的陽解法
    • 衝撃解析
    • 非線形構造解析
    • 準静解析
  • 静的/動的陰解法
    • 線形・非線形構造解析
  • 固有値解析
  • モーダル法による動解析
  • 定常/非定常熱伝導解析
  • Euler要素による流体解析
  • ALE (Arbitrary Lagrangian-Eulerian)
  • 定常/非定常音響解析(FEM、BEM)
  • アダプティブリメッシング
    • r法:平面ひずみ/軸対称要素、ソリッド(テトラ)要素
    • h法:3次元シェル要素
  • 破壊/亀裂進展解析
  • 2次元解析(平面応力、平面ひずみ、軸対称)
  • 連成解析(熱、構造、流体、音響等)
  • メッシュフリー法
    • 選点法(collocation method):Smoothed Particle Hydrodynamics (SPH)
    • Galerkin法:Element Free Galerkin (EFG)


ページトップへ戻る
※ 記載されている製品およびサービスの名称は、それぞれの所有者の商標または登録商標です。
※ 車体モデル提供:NCAC/GWU。

NTT DATAグループ日本総研