JVISION
製品情報

<お知らせ>JVISION Ver.2.6 に同梱されています XVision をお使いのお客様へ

XVision は カナダMKS 社が製造・販売する製品であり、(株)JSOL は XVision 製品単体での販売、サポートは行っておりません。
本件に関するお問い合わせは、当社 JVISION および NIKE-Works 製品をお持ちのお客様に限らせて頂きます。
Microsoft Windows XPの動作保証ならびにサポートサービスは、2014年4月9日をもって終了致します。


2011-05-20


JVISION Ver.2.6 同梱の XVision 7.31 (X-Server) がインストールされているPC に、2011年4月度 Microsoft Windows 修正パッチを適用すると、PC の再起動・ログイン後に dbserv.exe の強制終了ダイアログが表示され、PC の応答が無くなる、という現象の対処方法について説明します。


本件に関する詳細

  • OS : Microsoft Windows XP
  • XVision 7.31 がインストールされている。
  • Microsoft Windows 修正パッチ(KB2506212)を適用すると、システムフォルダ(C:\WINDOWS\system32)配下の mfc42.dll が更新され、XVision で障害(※)が発生する。
    (※)= KB2506212を適用後、再起動・ログインするとdbserv.exe の強制終了ダイアログにて
    「問題が発生したため、VWComms Database serverを終了します。ご不便をおかけして申し訳ありません。」
    と表示され、エクスプローラなどの応答がなくなる。

本件は XVision をインストールしている場合にのみ起きる状況で、Exceed/Exceed3D をお使いの場合は問題ありません。



対処方法

作業概要

パッチ適用前のmfc42.dllを、dbserv.exeと同じフォルダにコピーします。実行ファイルは同じフォルダにあるdllを最初に参照するので、KB2506212修正プログラムとの共存が可能になります。



手順例

dbserv.exeはOSやXVisionのバージョンによって違います。下記"dbserv.exeフォルダ"を参照してください。

  1. エクスプローラが不安定で使用できない場合は、セーフモードで起動した後、一時的にdbserv.exeを移動させます(コマンドプロンプト使用)。
    コマンド例:
      move "C:\Program Files\Common Files\Vision\dbserv.exe" C:\
      dbserv.exe移動後、通常モードでマシンを再起動してください。
  2. KB2506212適用前のmfc42.dllを、dbserv.exeと同じフォルダにコピーします。
  3. dbserv.exeを移動している場合は、元の場所に戻します。
  4. マシンを再起動させます。


dbserv.exeフォルダ

Windows XP(32-bit) + XVision 7.31
→C:\Program Files\Common Files\Vision

Windows XP(32-bit) + MKS X/Server 8.1 patch 1
Windows Vista(32-bit) + MKS X/Server 8.1 patch 1
→C:\Program Files\MKSXserver\CommonFiles

Windows XP x64 + MKS X/Server 8.1 patch 1
→C:\Program Files (x86)\MKSXserver\CommonFiles
mfc42.dllフォルダ(適用前のPCから入手する場合)

Windows XP(32-bit), Windows Vista(32-bit)
→C:\windows\system32

Windows XP x64
→C:\Windows\SysWOW64


適用後のPCについては、以下のフォルダに前バージョンが退避されている場合があります。

Windows XP(32-bit)
 C:\Windows\$NtUninstallKB2506212$\mfc42.dll
 または、
 C:\WINDOWS\$hf_mig$\kb2506212\sp3qfe\mfc42.dll

Windows XP x64
 C:\Windows\$NtUninstallKB2506212$\wmfc42.dllをmfc42.dllとしてコピー
 または、
 C:\WINDOWS\$hf_mig$\kb2506212\sp3qfe\wmfc42.dllをmfc42.dllとしてコピー

Windows Vista(32-bit)
 C:\Windows\winsxs\x86_microsoft-windows-mfc42x_31bf3856ad364e35_6.0.6002.18005_none_f500474d52b08466\mfc42.dll



Windows Vistaの場合、
C:\windows\system32\mfc42.dll
→右クリックメニュー→プロパティの、
"以前のバージョン"タブから、
前バージョンのdllをコピーできる場合があります。





mfc42.dllのファイルバージョンと更新日時

・KB2506212修正プログラム適用前
XP 6.2.8073.0 2010/09/18
XP x64 6.6.8063.0 2007/02/28 (syswow64)
Vista 6.6.8063.0 2009/04/11
・KB2506212修正プログラム適用後
XP 6.2.8081.0 2011/02/08
XP x64 6.6.8064.0 2011/03/11 (syswow64)
Vista 6.6.8064.0 2011/03/11


本件に関するお問い合わせ先

株式会社JSOL エンジニアリングビジネス事業部 cae-info@sci.jsol.co.jp
もしくは、ユーザーサポート(ユーザー様限定)まで、お電話もしくはメールにてお問い合わせください。
※本件に関する問い合わせは当社 JVISION および NIKE-Works 製品をお持ちのお客様に限らせて頂きます。



ページトップへ戻る
※ 記載されている製品およびサービスの名称は、それぞれの所有者の商標または登録商標です。
※ 車体モデル提供:NCAC/GWU。

NTT DATAグループ日本総研