HYCRASH
製品情報

事例3:自動車内装部品サプライヤー A社様
ニーボルスター特性解析

自動車内装部品のサプライヤーであるA社様では、特に衝突時乗員の安全を保護する各部品を設計、生産しています。各部品は乗員の運動エネルギーを吸収しながら静止させ、その変形過程における変位−反力特性(FS特性)を最適に設計することが求められています。

乗員を保護するニーボルスターは、自動車衝突時に乗員のひざから荷重を受け、乗員の下半身を緩やかに静止させる役割を持ちます(図1)。

A社様ではこのニーボルスターのエネルギー吸収設計、すなわちFS特性の最適化を行うに当たり、HYCRASHを用い、加工硬化を取り込んでLS-DYNAによる強度解析を実施しました。その結果、FS特性の予測値が大幅に実験値に近づくことがわかりました。



図1:ニーボルスターの役割

図1:ニーボルスターの役割



図2:解析/実験仕様 および変形状態

図2:解析/実験仕様 および変形状態



図3:HYCRASHにより得られた初期ひずみ状態

図3:HYCRASHにより得られた初期ひずみ状態



図4:LS-DYNA強度解析(陰解法) 加工硬化の考慮あり/なしのおよび実験との比較

図4:LS-DYNA強度解析(陰解法) 加工硬化の考慮あり/なしのおよび実験との比較



※LS-DYNAは米国 Livermore Software Technology Corporation の登録商標です。
※HYSTAMPは株式会社日本総合研究所の登録商標です。
※HYCRASHは株式会社日本総合研究所の登録商標です。



ページトップへ戻る
※ 記載されている製品およびサービスの名称は、それぞれの所有者の商標または登録商標です。
※ 車体モデル提供:NCAC/GWU。

NTT DATAグループ日本総研