製品情報

FEMZIP-L(LS-DYNAプロットファイル高圧縮ツール)

『 FEMZIP-L 』は、LS-DYNAのバイナリ出力d3plotファイルを、有効桁の制御と画像圧縮技術を用いた独自の手法で圧縮を行うツールです。

汎用のアルゴリズム(zipなど)を用いたツールでの圧縮率は数%程度にとどまりますが、『 FEMZIP-L 』は、プロットファイルのデータが各ステップにおいて、少しづつ変化するという特徴を利用するため、80%〜90%の大幅な圧縮が可能です。

FEMZIP概念

メリット

ファイルサイズを1/5〜1/10に圧縮することで、以下のメリットがあげられます。

  1. ディスクの有効利用
  2. バックアップの高速化
  3. サーバーや遠隔地とのデータのやりとりが容易
  4. ディスクスペースに10倍近い出力を許容できることにより、より詳細な現象の把握も可能

※D3PLOT、JVISIONでは、圧縮されたままの状態からの読み込みに対応予定です。





圧縮方法について

変位、応力などの分解能を指定し、結果評価に必要十分な精度で圧縮することができます。
ユーザーは精度/圧縮率のバランスを選択することができます。


  • 『 FEMZIP-L 』は非可逆圧縮ツールです。情報量を削除することでデータ圧縮を行いますが、結果評価に必要な情報を選択できるため、データの価値を損なうことなく効率の良い圧縮を行います。

解凍について

解凍ツール『 FEMUNZIP-L 』はライセンスフリー(無償)です。



対応OS

UNIX / Linux / Windows


  • Windows XP Professional x64 Editionについては近日対応予定。詳細については、弊社営業担当までお問い合わせください。



※ 『 FEMZIP-L 』 および『 FEMUNZIP-L 』の開発元は、Fraunhofer Institute for Algorithm and Scientific Computing(独国)です。

※ LS-DYNAは米国 Livermore Software Technology Corporation の登録商標です。
※ 記載されている製品およびサービスの名称は、それぞれの所有者の商標または登録商標です。



ページトップへ戻る
※ 記載されている製品およびサービスの名称は、それぞれの所有者の商標または登録商標です。
※ 車体モデル提供:NCAC/GWU。

NTT DATAグループ日本総研