ニューズレターVol.39

How to Use LS-DYNA 〜LS-DYNA例題・FAQのご案内とメイン例題の紹介


LS-DYNAの入力サンプル集とFAQを更新いたしました。
入力サンプル集は、お問い合わせの多い、使用の手引きでご紹介している入力モデルが中心です。
また、一部ですが、解析事例集と従来の公開モデルで扱った事例を違った設定で表現するものもご用意いたしました。

ご存知のとおり、LS-DYNAは衝撃解析から陰解法、流体連成、熱解析等、その機能は多岐にわたるため、キーワードの使用方法の理解に時間を要することが多いと思います。

弊社では、お客様がイメージされる解析に、より近く、より早く到達できるよう、適用事例や機能例題を引き続き拡充して参ります。



トピックとして、「コマの首振り運動」をご紹介します。

普段、LS-DYNAで計算されている方でも、剛体に変わった運動を指定する際に、戸惑うこと多いと思います。

例えば、*BOUNDARY_PRESCRIBED_MOTIONは良くご利用と思いますが、複数軸回転では安定させるために、*BOUNDARY_PRESCRIBED_ORIENTATION_RIGIDの指定が必要だったりします(例題185番)。

今回は、コマの首振りをモデル化しました。

ポイントは、*BOUNDARY_PRESCRIBED_ORIENTATION_RIGID_VECTORです。
*日本語マニュアルには記載が無いので、英文マニュアルをご参照ください。

ここで、ベクトルの向きを方向余弦で指定することで、剛体の動きを連動させ、ベクトル周りに自転させるものです。


詳細につきましては、ユーザーサイト → LS-DYNAオンラインサポート → 入力ファイルサンプル集(認証あり) よりアクセスして下さい。



目次
How to Use LS-DYNA 〜LS-DYNA例題・FAQのご案内とメイン例題の紹介
Information 〜LS-DYNA & JSTAMPフォーラム2012開催のご案内
Information 〜Simplewareは英国女王賞(Queen's Award)のイノベーション部門賞を受賞しました
Technical Activity 〜いまさら聞けないALE法による流体構造連成解析(みそ汁の中にALEの原理が見える)
Solution 〜Moldex3D R11 流体アシスト射出成形と成形機インタフェース
Technical Activity 〜第12回 LS-DYNA国際会議リポート
Technical Activity 〜The 2012 THUMS USA Users Meeting(米国THUMSユーザー会議2012)リポート
Technical Activity 〜ドイツ自動車衝突安全の最新動向 SafetyWeek 2012参加レポート


ページトップへ戻る
※ 記載されている製品およびサービスの名称は、それぞれの所有者の商標または登録商標です。
※ 車体モデル提供:NCAC/GWU。

NTT DATAグループ日本総研