ニューズレターVol.36
目次
01.Technical Activity 〜LS-DYNA & JSTAMPフォーラム2012開催と講演者募集のご案内
02.New product 〜CAEの前準備として手軽にCADデータを編集できるツール「SpaceClaim」のご紹介
03.Solution 〜LS-DYNAによる繊維強化樹脂積層板の損傷進展解析
04.Solution 〜プレス成形シミュレーションソフトウェア JSTAMP/NV Ver.2.6 のご紹介
05.How to Use LS-DYNA 〜LS-DYNA機能紹介:エアバッグ粒子法(閉じ込められた空気のモデル化)
06.Technical Activity 〜技術顧問就任の挨拶 -LS-DYNAで紙ヘリコプターを飛ばそう-
07.Technical Activity 〜LSTC駐在報告
08.Technical Activity 〜2011年LS-DYNA European Conference参加報告
09.Technical Activity 〜NUMISHEET2011参加レポート
10.Technical Activity 〜災害シミュレーション国際シンポジウム DS'11参加レポート
11.Technical Activity 〜Grazer SafetyUpDate 2011参加レポート
12.Technical Activity 〜DIGIMAT Users' Meeting 2011参加リポート
13.Technical Activity 〜ドイツLS-DYNAフォーラム参加レポート
14.Information 〜2012年3月までの構造系技術セミナーのお知らせ


Technical Activity 〜LS-DYNA & JSTAMPフォーラム2012開催と講演者募集のご案内

2012年7月18日(水)〜19日(木)の2日に渡り、LS-DYNA & JSTAMPフォーラム(旧:LS-DYNAユーザー会議)を開催いたします…

 続きはこちら


New product 〜CAEの前準備として手軽にCADデータを編集できるツール「SpaceClaim」のご紹介

CAEデータを作成しようとするときに、CADデータそのものを編集する必要に迫られることはないでしょうか。ちょっと形状を修正したいだけなのに、重くて複雑なCADデータを立ち上げなければならない、作った人がどうやったのかわからないのでうまく編集できないなど、悩みは尽きません…

 続きはこちら


Solution 〜LS-DYNAによる繊維強化樹脂積層板の損傷進展解析

繊維強化樹脂は近年,航空・宇宙分野のみならず広い分野で使用されるようになり,その強度評価方法の確立が求められています.そこで,代表的な繊維強化樹脂である…

 続きはこちら


Solution 〜プレス成形シミュレーションソフトウェア JSTAMP/NV Ver.2.6 のご紹介

2011年9月末にリリースいたしました JSTAMP/NV Ver. 2.6 の新機能をハイライトでご紹介いたします。本バージョンでは、「解析の高速化」を最も大きなテーマとして開発いたしました。また、プリ・ポスト処理の高速化にも…

 続きはこちら


How to Use LS-DYNA 〜LS-DYNA機能紹介:エアバッグ粒子法(閉じ込められた空気のモデル化)

2007年のヨーロッパLS-DYNAユーザー会で、側面衝突におけるドア内の空気の影響について報告がなされました。側面衝突では、ドアのトリムがダミーに傷害を及ぼすので、トリムの変形が問題となります…

 続きはこちら


Technical Activity 〜技術顧問就任の挨拶 -LS-DYNAで紙ヘリコプターを飛ばそう-

JSOLさんとの出会いのきっかけは、LS-DYNAとJMAGでした。LS-DYNAの特徴は、他のソフトではできない高度な陽解法解析、大規模複雑モデルの衝突解析および、変形の大きい流体構造連成(Large MotionのFSI)が現実的にできることです。最近、設計レベルでも…

 続きはこちら


Technical Activity 〜LSTC駐在報告

ある日、見かけない髭面の人が、Tシャツにハーフパンツでヘルメットを被って社内を歩いていた。よく見たら、ベンソン教授だった…

 続きはこちら


Technical Activity 〜2011年LS-DYNA European Conference参加報告

日本国内をはじめ、世界各国で利用されているLS-DYNAは、1年に一度行われる日本ユーザー様向けLS-DYNA & JSTAMPフォーラムのほかに、2年に一度欧州でのユーザー会が開催されています。同じく2年に一度行われる北米ユーザー会とあわせ…

 続きはこちら


Technical Activity 〜NUMISHEET2011参加レポート

NUMISHEETは1989年以来、3年ごとに開催される塑性加工の国際会議です。世界中から多くの塑性加工、特に板成形分野の研究者、ソフトウェア開発者、及びその利用者が参加します。JSOLでは、論文講演、自社開発製品(JSTAMP、JWELD 他)の展示などを行うとともに…

 続きはこちら


Technical Activity 〜災害シミュレーション国際シンポジウム DS'11参加レポート

2011/9/17,18の両日、兵庫県立大学ポートアイランドキャンパスにて『次世代における災害シミュレーションと構造安全性に関する国際シンポジウム』が開催され、エンジニアリング本部では論文発表4編のほか、企業協賛および実行委員会として協力致しました…

 続きはこちら


Technical Activity 〜Grazer SafetyUpDate 2011参加レポート

2011年9月27日〜28日にグラーツにおいて開催されましたCarhs社主催のSafetyUpDateに参加いたしました…

 続きはこちら


Technical Activity 〜DIGIMAT Users' Meeting 2011参加リポート

10月10,11,12日ドイツ ミュンヘンにてDIGIMAT Users' Meeting 2011が開催されました。通算4回目を迎える今回のUsers' Meetingでは世界各国より125名を越える参加者があり、非常に盛況なうちに終了いたしました…

 続きはこちら


Technical Activity 〜ドイツLS-DYNAフォーラム参加レポート

10月12、13日の2日間にわたり、独国シュツットガルトにおいて、DYNAmore社主催による、10回目のドイツLS-DYNAフォーラムが開催されました…

 続きはこちら


Information 〜Information 〜2012年3月までの構造系技術セミナーのお知らせ

エンジニアリング解析ソフトウェアの導入を検討されているお客様に実際のオペレーションを通して解析業務を体験いただくセミナーや、CAEソフトを初めてご利用になる方を対象として、CAEソフト導入後のスムーズな解析業務の立ち上げを支援するためのセミナーを定期的に開催しております…

 続きはこちら





ページトップへ戻る
※ 記載されている製品およびサービスの名称は、それぞれの所有者の商標または登録商標です。
※ 車体モデル提供:NCAC/GWU。

NTT DATAグループ日本総研