ニューズレターVol.34
目次
01.How to Use LS-DYNA 〜LSTC社 Hallquist氏の講演資料(和訳)公開のご案内
02.Technical Activity 〜LS-DYNA&JSTAMPフォーラム2010 開催報告
03.Information 〜材料特性予測ツール「DIGIMAT」 Ver.4.1.1 リリースのご案内
04.Technical Activity 〜LSTC社 駐在報告
05.Information 〜2011年9月までの構造系技術セミナーのお知らせ


01.How to Use LS-DYNA 〜LSTC社 Hallquist氏の講演資料(和訳)公開のご案内

2010年12月、LS-DYNAユーザー会議を中心としたイベント「LS-DYNA&JSTAMPフォーラム2010」を開催し、LS-DYNAの開発元であるLSTC社のDr. John O. Hallquist氏からLS-DYNA最新情報をご紹介いただきました…

 続きはこちら


02.Technical Activity 〜LS-DYNA&JSTAMPフォーラム2010 開催報告

LS-DYNAユーザー会議を中心としたイベント「LS-DYNA&JSTAMPフォーラム2010」を2010年12月1日(水)〜2日(木)の2日間にわたり、東京コンファレンスセンター・品川にて開催し、340名の皆様に参加を頂きました…

 続きはこちら


04.Information 〜材料特性予測ツール「DIGIMAT」 Ver.4.1.1 リリースのご案内

この度、DIGIMAT Version 4.1.1をリリースいたしました。本バージョンでは温度依存の弾塑性、弾粘塑性特性を表現できる材料モデルや、数値緩和試験による材料データの同定機能など、樹脂材料のシミュレーションを実施する上で…

 続きはこちら


05.Technical Activity 〜LSTC社 駐在報告

ご存知の通りLS-DYNAはここLSTC本社で開発されています。今回号の「01.How to Use LS-DYNA 〜LSTC社 Hallquist氏の講演資料(和訳)公開のご案内」で紹介されているように現在進行中の開発項目は多岐に渡り、LSTC社では50人を超えるエンジニアが開発に携わっています…

 続きはこちら


06.Information 〜2011年9月までの構造系技術セミナーのお知らせ

エンジニアリング解析ソフトウェアの導入を検討されているお客様に実際のオペレーションを通して解析業務を体験いただくセミナーや、CAEソフトを初めてご利用になる方を対象として、CAEソフト導入後のスムーズな解析業務の立ち上げを支援するためのセミナーを定期的に開催しております…

 続きはこちら




ページトップへ戻る
※ 記載されている製品およびサービスの名称は、それぞれの所有者の商標または登録商標です。
※ 車体モデル提供:NCAC/GWU。

NTT DATAグループ日本総研