ニューズレターVol.31
目次
01.How to Use LS-DYNA 〜陰解法機能の特徴と利点〜
02.Solution 〜圧入応力を考慮したモータの鉄損解析事例〜
03.Technical Activity 〜LS-DYNA&JSTAMPフォーラム2010開催と講演者募集のご案内〜
04.Information 〜2010年9月までの構造系技術セミナーのお知らせ〜


01.How to Use LS-DYNA 〜陰解法機能の特徴と利点〜

一般的に有限要素法には衝撃など動的な現象を得意とする陽解法と静的な現象を得意とする陰解法があります。LS-DYNAは陽解法をベースして開発された経緯もあり、衝撃解析が得意なソルバとして知られておりますが…

 続きはこちら


02.Solution 〜圧入応力を考慮したモータの鉄損解析事例〜

コアの積層構造を維持するための手法として、圧入や焼き嵌めがあります。コアに電磁鋼板を使用しているモータの場合、圧入接合により発生した圧縮応力が鉄損を増加させることが知られており、鉄損解析において…

 続きはこちら


03.Technical Activity 〜LS-DYNA&JSTAMPフォーラム2010開催と講演者募集のご案内〜

2010年12月1日(水)〜 2日(木)の2日に渡り、LS-DYNA & JSTAMPフォーラム(旧:LS-DYNAユーザー会議)を開催いたします。本会は、1994年の第1回の開催以来、回を重ねる毎に、CAE技術者の皆様の情報交換および親睦の場としての…

 続きはこちら


04.Information 〜2010年9月までの構造系技術セミナーのお知らせ〜

エンジニアリング解析ソフトウェアの導入を検討されているお客様に実際のオペレーションを通して解析業務を体験いただくセミナーや、CAEソフトを初めてご利用になる方を対象として、CAEソフト導入後のスムーズな解析業務の立ち上げを支援するためのセミナーを定期的に開催しております…

 詳細はこちら


ページトップへ戻る
※ 記載されている製品およびサービスの名称は、それぞれの所有者の商標または登録商標です。
※ 車体モデル提供:NCAC/GWU。

NTT DATAグループ日本総研