ニュース

2013-01-16 Humanetics社製 Q10 ver.1.1 リリースのお知らせ

この度 Humanetics社製 Q10 ver.1.1 をリリース致しましたので、お知らせ致します。
新バージョンのメディアは、管理者様宛に郵送致します。
本モデルの詳細につきましては、メディアに収録のユーザマニュアル等をご参照下さい。



ver.1.0からの主な改良点

  • ロードセルにかかる荷重やモーメントを、ビーム要素の出力値から直接求められるようにしました。
  • ジャケットのフォーム材で参照している応力―歪み曲線を、歪みの値が93%の点で立ち上がるように変更しました。
  • 1G状態を表現するよう、ジョイント剛性(FMT)の定義を変更しました。
  • ダミーポジショニングのため、ジョイントのストップ角度に”soft limit”と”hard limit”の二種類の定義を用意しました。詳細は、ユーザマニュアルやテクニカルレポートをご参照ください。
  • 接触定義ID 1500002, 1500004 で参照されるパートセットID 1500003, 1500007 を変更しました。
  • 接触におけるロバスト性向上のため、肘にあるネジやゴム部品(パートID 1500148, 1500159, 1500174, 1500185)のメッシュを再作成しました。
  • ロバスト性向上のため、肘のゴム部品の材料特性(MID 1500185, 1500159)を変更しました。


お問い合わせ

有限要素モデルに関するお問い合わせは下記アドレスまでお願い致します。
メールアドレス:cae-info@sci.jsol.co.jp 






ページトップへ戻る
※ 記載されている製品およびサービスの名称は、それぞれの所有者の商標または登録商標です。
※ 車体モデル提供:NCAC/GWU。

NTT DATAグループ日本総研