ニュース

2012-06-20
LS-DYNA ver.971 R6.0.0 リリースのお知らせ

2012年6月20日、LS-DYNA(開発元 米国Livermore Software Technology Corporation(LSTC)社))の最新版Version 971 R6.0をリリースいたしました。
ユーザー・サポートページ(認証あり)にて、ソフトウェア及び関連ドキュメントがダウンロード可能です。



LS-DYNAとは?

衝突、落下、塑性加工などの非線形現象を解析する為に開発されたCAEソフトウェア。構造解析のための機能を数多く備え、世界中の様々な産業や分野で用いられています。LS-DYNAによる大規模かつ高度なシミュレーションは、設計、開発、製造、品質保証など生産現場におけるあらゆるフェーズにおいて、期間短縮、コスト削減、品質向上に役立てられています。
詳細は、こちらの製品情報ページをご参照ください。



LS-DYNA Version 971 R6.0について

LS-DYNA Version 971 R6.0 は、2011年5月にリリースされたR5.1.1の不具合修正、及び、いくつかの新機能を追加したリビジョンとなります。
R6.0における不具合修正及び、新機能の一覧に関しては、オンライン・ユーザー・サポートサイト内のリリースノート(ユーザー限)も併せてご参照下さい。



「日本語版マニュアル」ならびに「使用の手引き」の電子版配布に関して

ユーザーサポートのサービス向上を目指し、R6.0の国内リリースより

  • 日本語版マニュアル
  • 使用の手引き

の電子版(PDF)を配布いたします。

【電子版のメリット】

  • テキスト検索機能により、検索時間の短縮
  • 注釈機能により、お客様のノウハウを記録

※ 印刷も可能ですので、紙ベースでご利用いただくことも可能となります。



JSOLの品質保証 (Quality Assurance:QA)活動について

JSOLは、お客様に満足していただけるサービスの提供を目指し、独自のQA活動による、品質の向上に取り組んでいます。
R6.0の国内リリースにおいては、製品の事前確認により、不具合の早期発見など、品質向上に貢献いたしました。
今後も、QA活動を通じて、お客さま満足度の向上に努めてのでよろしくお願い致します。



お問い合わせ

LS-DYNAに関するお問い合わせは下記アドレスまでお願いします。
メールアドレス:cae-info@sci.jsol.co.jp 






■Information■ LS-DYNA Version 971 R6.0の新機能を利用したソリューション

JSOLでは、R6.0 の新機能を利用したソリューションをご提案しております。ソリューションの詳細、および追加されたキーワードの詳細に関しては、オンライン・ユーザー・サポートサイト内のテクニカルノート(ユーザー限)をご参照ください。

【ソリューション】
 ・エアバッグ粒子法-CV法連成解析機能
 ・粒子法エアバッグカップリング圧力出力機能
 ・マルチスケールスポット溶接解析機能
 ・熱伝導解析結果参照機能
 ・ワンステップ法
 ・Isogeometricシェル要素
 ・板厚方向のひずみによる破断





ページトップへ戻る
※ 記載されている製品およびサービスの名称は、それぞれの所有者の商標または登録商標です。
※ 車体モデル提供:NCAC/GWU。

NTT DATAグループ日本総研