ニュース

2012-05-22 DYNAmore社製 FAT BioRID II ver.3.0リリースのお知らせ

この度 DYNAmore社製 FAT BioRID II ver.3.0 をリリースいたしましたので、お知らせ致します。
新バージョンのメディアは、管理者様宛に郵送致しております。
本モデルの詳細につきましては、メディアに収録のユーザマニュアル等をご参照下さい。



ver.2.5からの主な改良点

  • 形状を正確に表現するため、胴の表皮部分をより細かなメッシュで再作成しました。
  • 胴内部の部品のメッシュを再作成しました。
  • 腕と胴の結合プレートをソリッド要素に変更しました。
  • 胴内部のwater cavityを、より正確にモデル化しました。
  • 頭部の重量分布を、2つの重りを追加して調整しました。
  • 実機の仕様に合うよう、H-PointとH-Point mounting holeのz軸方向の間隔を65.28mmに変更しました。
  • スレッド検定試験に合うよう、脊椎部分と胴体部分に微調整を加えました。
  • ジョイントの摩擦係数の上限値と下限値を調整するために、パラメータを導入しました。
  • 動的緩和計算の有無を設定するパラメータを追加しました。
  • 脊椎にある正面と後部のバネの初期張力を定義するためのパラメータを追加しました。


お問い合わせ

有限要素モデルに関するお問い合わせは下記アドレスまでお願いします。
メールアドレス:cae-info@sci.jsol.co.jp 






ページトップへ戻る
※ 記載されている製品およびサービスの名称は、それぞれの所有者の商標または登録商標です。
※ 車体モデル提供:NCAC/GWU。

NTT DATAグループ日本総研