ニュース

2012-05-16 Humanetics SID-IIs SBL-D ver.3.3 リリースのお知らせ

この度 Humanetics SID-IIs SBL-D ver.3.3 をリリースいたしましたので、お知らせ致します。
新バージョンのメディアは、管理者様宛に郵送致しております。
本モデルの詳細につきましては、メディアに収録のユーザマニュアル等をご参照下さい。



ver.3.0からの主な改良点

  • 頭部
    • 頭蓋骨と頭皮の形状を更新しました。
    • 頭蓋骨はテトラ要素でメッシュを作成し、頭皮のメッシュも再作成しました。

  • 頚部
    • 頚部の円盤の形状を更新し、下部のブラケットをリメッシュしました。
    • 頚部のロードセルのメッシュをシェルからソリッドに変更しました。
    • ケーブルの接触リングをソリッド要素に変更しました。

  • 胸部
    • Spine Boxの形状を更新しました。
    • Spine Boxへのリブやリブ補強部の拘束を、実際のネジの位置や特性に合わせて変更しました。
    • ジャケットを、弾性材のシェルモデルからFu Changフォーム材のソリッドモデルに変更しました。

  • 腰部
    • 腰部の表皮やフォーム部のメッシュを実物のX線スキャンのデータを元に再作成し、材料も変更しました。
    • 腸骨翼(iliac wings)のメッシュをNHTSAの最終規則に適応するように変更し、材料も変更しました。

  • その他
    • パートIDが変更になりました。ロードセルや胸たわみ出力のためのバネ要素のIDは変更していません。


お問い合わせ

有限要素モデルに関するお問い合わせは下記アドレスまでお願いします。
メールアドレス:cae-info@sci.jsol.co.jp 






ページトップへ戻る
※ 記載されている製品およびサービスの名称は、それぞれの所有者の商標または登録商標です。
※ 車体モデル提供:NCAC/GWU。

NTT DATAグループ日本総研