ニュース

2011-07-19
自動車衝突・乗員安全解析専用プリポストプロセッサー「ARUP Software」バージョン10リリース

2011年7月19日、ARUP Software(開発元:Ove Arup & Partners(英国))の最新版(バージョン10)をリリースしました。
ユーザー・サポートページ(認証あり)にて、ソフトウェア及び関連ドキュメントがダウンロード可能です。



ARUP Software とは?

ARUP Softwareは、衝撃・構造解析ソフトウェアLS-DYNA専用の高機能プリポストプロセッサーです。
最先端のプリポスト機能を備え、自動車衝突・乗員安全解析をはじめとした様々な解析のモデル作成・結果評価に威力を発揮します。
詳細は、こちらの製品情報ページをご参照ください。



ARUP Software バージョン10 新規機能

モデル作成や改編・モデルチェックに要する時間を削減し、結果評価を効率よく行うための多くの機能が追加されました。
バージョンアップ情報ページも併せてご参照下さい。



Primer10  〜 LS-DYNA 専用プリプロセッサー 〜
  • ダミーポジショニング解析用入力ファイル作成機能
  • IGESデータ読み込み・表示機能
  • 形状変更機能 (穴あけ、穴埋め、パッチ作成など)
  • メッシュ品質確認と修正支援
  • 歩行者保護解析用ターゲット領域作成機能
  • モデル差分比較機能の充実
  • 断面特性算出機能
  • 質量管理機能の充実

D3PLOT  〜 LS-DYNA 専用ポストプロセッサー 〜
  • アニメーション描画速度の向上
  • 粒子法エアバッグの可視化
  • 応答スペクトル解析機能
  • エンティティ選択・ラベル表示機能の改良

T/HIS10  〜 LS-DYNA 専用グラフツール 〜
  • 時刻歴カーブの演算履歴の表示・編集・再計算機能
  • Javascriptを用いたカスタマイズ機能の拡張


お問い合わせ

ARUP Softwareに関するお問い合わせは下記アドレスまでお願いします。
メールアドレス:cae-info@sci.jsol.co.jp 






ページトップへ戻る
※ 記載されている製品およびサービスの名称は、それぞれの所有者の商標または登録商標です。
※ 車体モデル提供:NCAC/GWU。

NTT DATAグループ日本総研