解析事例

2D r-adaptive法による熱・構造連成解析

  • 2D r-adaptive法による鍛造解析
  • 材料と工具間の熱伝導および材料の塑性変形にともなう発熱を考慮。下図は温度変化を示す





ページトップへ戻る
※ 記載されている製品およびサービスの名称は、それぞれの所有者の商標または登録商標です。
※ 車体モデル提供:NCAC/GWU。

NTT DATAグループ日本総研