解析事例

メッシュフリーによる後方押出しシミュレーション

  • 通常のLagrange要素では解析困難な3次元後方押出しシミュレーションにメッシュフリー解法(Element Free Galerkin)を適用
  • 変形の大きい中心部のみをメッシュフリーで計算、周辺部には通常のFEMを適用。メッシュフリーとFEMのカップリングにより数値演算エラーを生じることなく材料の大変形を追跡することが可能





ページトップへ戻る
※ 記載されている製品およびサービスの名称は、それぞれの所有者の商標または登録商標です。
※ 車体モデル提供:NCAC/GWU。

NTT DATAグループ日本総研