解析事例

熱伝導を考慮した厚肉鋼板のプレス成形

  • 初期温度:鋼板950℃、金型20℃による熱・構造連成を考慮した加工シミュレーション
  • 鋼板の温度変化は最大で約50℃であり、成形荷重への影響は顕著
  • LS-DYNAでは変形にともなう材料の内部発熱も考慮可能
  • 下図は加工にともなう温度変化を表示





ページトップへ戻る
※ 記載されている製品およびサービスの名称は、それぞれの所有者の商標または登録商標です。
※ 車体モデル提供:NCAC/GWU。

NTT DATAグループ日本総研