解析事例

チューブのロール押付け曲げ加工

  • チューブの片方の端部はマンドレルで固定されており、固定ロールの周りを、2個の移動ロールが回転し、チューブを加工
  • ロールは剛体でモデル化。ロールの移動を強制変位により定義
  • 下図は加工による肉厚変化を表示





ページトップへ戻る
※ 記載されている製品およびサービスの名称は、それぞれの所有者の商標または登録商標です。
※ 車体モデル提供:NCAC/GWU。

NTT DATAグループ日本総研