解析事例

乗員安全解析

  • スレッド試験
  • 人体への最終荷重経路である拘束具の設計
  • エアーバッグ、シートベルト、ニーボルスターなど
  • エアバッグの発火、シートベルトプリテンショナーのタイミングなど、設計変数の多いスレッド試験をシミュレーションで分析


自動車の衝突試験において伝わってきた荷重は、最終的にエアバッグ、シートベルトなどの拘束具を通じで人体(ダミー)に入力が伝えられます。したがって、ダミーの傷害値を低下し、衝突に対して安全な車両を構築する上で拘束具を適切に設計するためのスレッド試験は不可欠です。
一方、拘束具には各拘束具の強度や衝撃吸収性だけでなく、エアバッグの発火タイミング、シートベルトのプリテンショナーのタイミングなど、多くの設計変数があります。シミュレーションでは実験前にこれらを十分検討し、設計することが可能です。





ページトップへ戻る
※ 記載されている製品およびサービスの名称は、それぞれの所有者の商標または登録商標です。
※ 車体モデル提供:NCAC/GWU。

NTT DATAグループ日本総研