解析事例

塑性加工の影響を考慮したS字フレームの衝突解析

  • 塑性加工された部材の加工硬化、板厚変化を考慮した衝突解析、強度解析の必要性が高まっている
  • 順解析もしくは逆解析により得られた加工硬化特性、板厚変化をLS-DYNAのモデルにインポート
  • 降伏応力の上昇および板厚減少により十数%の座屈荷重の変化を確認


荷重-変位曲線
荷重-変位曲線

加工硬化なし


加工硬化あり

[1] 自動車技術会 構造強度部門委員会 衝突解析WG, "薄肉曲がり部材の崩壊特性 Vol.I", 自動車技術会 技術報告書シリーズ No.2, (1986)
[2] 自動車技術会 構造強度部門委員会 衝突解析WG, "薄肉曲がり部材の崩壊特性 Vol. II", 自動車技術会 技術報告書シリーズ No.8, (1989)





ページトップへ戻る
※ 記載されている製品およびサービスの名称は、それぞれの所有者の商標または登録商標です。
※ 車体モデル提供:NCAC/GWU。

NTT DATAグループ日本総研