解析事例

歩行者の安全性を考慮した車体設計

  • 歩行者の安全を守るためヨーロッパが先行して規格を策定、日本でも同様の規格が適用
  • 頭部インパクターをエンジンフード、フェンダー上部に衝突させ傷害値を点数化
  • 頭部インパクト試験は計測点数が多いため、性能改良のためのCAEの役割が非常に大きい
  • 部品単位でのエネルギー吸収性能が要求されるため、部品メーカーにとってもシミュレーションが不可欠 (フードインナー/アウター、カウル、フェンダー、ランプ、ワイパー部品等)

車体モデル提供 FHWA/NHTSA National Crash Analysis Center

頭部加速度を点数化し、危険度分布を表示した例
頭部加速度を点数化し、危険度分布を表示した例



ページトップへ戻る
※ 記載されている製品およびサービスの名称は、それぞれの所有者の商標または登録商標です。
※ 車体モデル提供:NCAC/GWU。

NTT DATAグループ日本総研