解析事例

ボールベアリング回転解析

  • 陰解法によるボールベアリング回転解析
  • ボールは回転しながら軸受け内輪、外輪と常に接触するため荷重釣り合い状態となり、陰解法静解析で計算が可能。
  • 陰解法動解析(Newmarkβ法)でも計算可能。





ページトップへ戻る
※ 記載されている製品およびサービスの名称は、それぞれの所有者の商標または登録商標です。
※ 車体モデル提供:NCAC/GWU。

NTT DATAグループ日本総研