解析事例

側突時の乗員安全解析

  • 55km/hのムービングバリアが車体側面に衝突
  • 側突では車体が直接ダミーに衝突するため、ダミーへの正確な入力荷重の大きさ、入力位置の推定が不可欠
  • 胸部、腰部等の傷害値をシミュレーションにより評価
  • 衝撃緩衝用パッド取り付け位置や素材を検討


車体モデル提供 FHWA/NHTSA National Crash Analysis Center




ページトップへ戻る
※ 記載されている製品およびサービスの名称は、それぞれの所有者の商標または登録商標です。
※ 車体モデル提供:NCAC/GWU。

NTT DATAグループ日本総研