解析事例

相分離構造を考慮した高分子材料のメソスケール解析

  • 代表的な自動車樹脂材料(ポリプロピレンなど)は、添加剤の種類・分量により相分離構造が異なり、材料物性に違いが生じる
  • LS-DYNAとJ-OCTAの連携により、高分子材料の相分離構造考慮したメソスケール解析を行った
  • PP、SEBSのポリマーブレンド系を対象(体積分率 8:2)
  • まず、J-OCTAの動的平均場法ソルバ SUSHIを利用してPP・SEBSの相分離構造を計算し、LS-DYNAで引張り変形を与えてSSカーブを評価した
  • 相分離構造の違いにより、材料の引張り特性に違いが生じることを確認した





ページトップへ戻る
※ 記載されている製品およびサービスの名称は、それぞれの所有者の商標または登録商標です。
※ 車体モデル提供:NCAC/GWU。

NTT DATAグループ日本総研