解析事例

ギアの冷間鍛造解析

  • 鍛造加工解析は、ワークの大変形やツールとの接触など、非線形性が強いため一般に難易度が高い
  • 3D rアダプティブリメッシュを用いることで、安定した鍛造解析が可能。また、陽解法を用いて解くため計算時間の短縮化が容易
  • 材料特性を剛塑性ではなく弾塑性として取り扱うため精度が高い
  • 解析結果から、加工後のワークの形状、割れ等の成形不具合、成形圧を評価することができる





ページトップへ戻る
※ 記載されている製品およびサービスの名称は、それぞれの所有者の商標または登録商標です。
※ 車体モデル提供:NCAC/GWU。

NTT DATAグループ日本総研