解析事例

ファイバー配向を考慮した樹脂部品のモデル化

  • 樹脂部品(FRP)内のファイバー方向をとらえるため、樹脂流動解析ソフトウェアにより成形シミュレーションを実施
  • ファイバーの方向を異方性シェル要素として構造モデルに反映
  • ファイバー補強の有無による破壊モードの違いを検証
  • 実機テストと同様にファイバー方向に沿った破断がとらえられた

ファイバー補強あり(破断ひずみ3%を適用)

流動解析で得られたファイバー異方性分布
流動解析で得られたファイバー異方性分布




ページトップへ戻る
※ 記載されている製品およびサービスの名称は、それぞれの所有者の商標または登録商標です。
※ 車体モデル提供:NCAC/GWU。

NTT DATAグループ日本総研