解析事例

SPH法によるアルミ缶落下解析(断面表示、応力分布)

  • メッシュフリー解法のひとつであるSPH(Smoothed Particle Hydrodynamics)法を用いた流体・構造連成解析
  • 流体を粒子でモデル化
  • アルミ缶と流体との相互作用はLS-DYNAの通常のコンタクト(節点-面間接触)により定義可能
  • 高さ1mから30°傾斜したアルミ缶の落下を解析。重力も考慮



断面表示

  • アルミ缶の断面を表示
  • 底部が座屈していることが確認される。流体がない場合は座屈しない



応力分布

  • 落下時に発生したミーゼスの応力分布
  • アルミ缶は半透明表示





ページトップへ戻る
※ 記載されている製品およびサービスの名称は、それぞれの所有者の商標または登録商標です。
※ 車体モデル提供:NCAC/GWU。

NTT DATAグループ日本総研