解析事例

剛体球による板の貫通シミュレーション

  • LS-DYNAの破壊解析の機能「タイノードセット」を用いた古典的な解析モデル
  • 各シェル要素は独立した節点でモデル化
  • 解析の初期において同一座標にある面内の4点または辺上の2点の節点をグループ化
  • 各グループに対し相当塑性ひずみの破壊判定値を定義
  • 板から切り離されたシェル要素はそれぞれ固有の運動量をもって飛散





ページトップへ戻る
※ 記載されている製品およびサービスの名称は、それぞれの所有者の商標または登録商標です。
※ 車体モデル提供:NCAC/GWU。

NTT DATAグループ日本総研