解析事例

ビルトイン剛体ダミー(GEBOD)

  • LS-DYNAは剛体ダミーデータベースGEBOD(ジーイーボッド)を内蔵
  • ダミーの種類(男性、女性、子供)、寸法(子供ダミーの場合は年齢)を入力することにより、有限要素モデルの中に自動的にダミーモデルを生成
  • ダミーの位置と姿勢は「ポジショニングファイル」で定義
  • バス、電車、航空機など多数の乗客が乗車する乗り物の衝突問題などにも応用可能
  • 下図は左より男性、子供、女性の各ダミーモデルの胸部へのペンデュラムの衝突による挙動を解析したもの





ページトップへ戻る
※ 記載されている製品およびサービスの名称は、それぞれの所有者の商標または登録商標です。
※ 車体モデル提供:NCAC/GWU。

NTT DATAグループ日本総研