解析事例

スプロケットの機構解析による軽量化検討例

  • 機構と構造の連成解析事例
  • 過渡応答の解析:
    陽解法による解析を実施することにより、過渡的な応答を解析可能
  • 接触計算による初期ギャップの考慮:
    チェーンの各コマをモデル化する事により、スプロケットとコマの初期ギャップを考慮した解析可能
  • 軽量化への利用:
    最大応力を上回らないような肉抜きを行うことで、スプロケットの軽量化が実施可能

ドリブンスプロケット(大径側)の変形を考慮した機構解析例 です。ドライブスプロケット(小径側)に過渡的な回転を与えることにより、衝撃による変形の様子を確認することができます。最大応力を一定に保つようにド リブンスプロケットの肉抜きを行うことで軽量化を実施することができます。また、静解析とは異なり、時系列に沿ったシミュレーションが可能なため、チェー ンからの騒音解析、チェーンはずれなどの現象も評価することが可能です。一般には静解析により発生する応力を用いて耐久性などを検討しますが、LS-DYNA(陽解法)による過渡応答を実施することで、より実機に近い形でのシミュレーションが可能になります。




ページトップへ戻る
※ 記載されている製品およびサービスの名称は、それぞれの所有者の商標または登録商標です。
※ 車体モデル提供:NCAC/GWU。

NTT DATAグループ日本総研