解析事例

携帯電話の落下シミュレーション

  • 近年携帯用電子機器の落下・衝撃に対する耐久性能が求められている
  • 携帯機器はサイズが小さく、実装密度が高いため、落下試験による加速度、ひずみ等のリアルタイム計測が非常に困難
  • LS-DYNAは電気製品のモデル化に適した豊富な接触機能、拘束機能を有する
  • 下図は落下時におけるLCDの破損を検討。LCDに発生した応力により破損を予測
  • このほかに内部の基板を保護するため、リブにより筐体のねじり剛性を大きくする等の対策を検討





ページトップへ戻る
※ 記載されている製品およびサービスの名称は、それぞれの所有者の商標または登録商標です。
※ 車体モデル提供:NCAC/GWU。

NTT DATAグループ日本総研