解析事例

津波解析

  • 高潮や津波などに対する建築工学上の取り組みの一例
  • 現状では自然災害における荷重の実測値が不足している。また構造物の強度評価のための汎用的な計算手法が確立しているとはいえない
  • LS-DYNAの流体・構造連成解析機能を用いた津波シミュレーションを提案
  • 津波等の実現象で予想される構造物の応答をとらえることが可能

高潮や津波などの災害による被害を最小限にとどめるための建築工学上の取り組みが必要とされています。2004年12月26日に発生したスマトラ沖地震による津波災害のような状況においては、避難できる高台が近くにない場合、コンクリート製構造物の上層階が避難場所として極めて有効であることが認識されました。 構造物が緊急時の避難場所として機能するためには、波による衝撃力や津波によってもたらされる様々な浮遊物の衝突に対する構造物の頑健性の評価が不可欠となります。 LS-DYNAに実装された流体・構造連成解析機能を用いることにより、一般的な計算環境において、津波等の実現象で予想される構造物の応答をとらえることが可能であることが示されました。




ページトップへ戻る
※ 記載されている製品およびサービスの名称は、それぞれの所有者の商標または登録商標です。
※ 車体モデル提供:NCAC/GWU。

NTT DATAグループ日本総研