解析事例

片輪乗り上げ横転解析

  • 乗用車やSUVのロールオーバー事故による死傷者の増加が問題となっている
  • 重量の大きい車種に関してはルーフやドアラッチの強度を向上させる必要がある
  • 右図は高さ115cmの斜面乗り上げにより発生したロールオーバーのシミュレーション
  • 時速50km/hでの横転。1Gの重力荷重を考慮
  • 車体に関しては剛体-変形体スイッチングにより、車体が地面に設置した瞬間に剛体から変形体にスイッチし、計算時間を短縮。タイヤとサスペンションは常に変形体

車体モデル提供 FHWA/NHTSA National Crash Analysis Center




ページトップへ戻る
※ 記載されている製品およびサービスの名称は、それぞれの所有者の商標または登録商標です。
※ 車体モデル提供:NCAC/GWU。

NTT DATAグループ日本総研