解析事例

2台の自動車のオフセット衝突解析

  • リアルワールドにおけるオフセット衝突においては、衝突前の回避動作により衝突後の挙動は実験と異なると予想される
  • サスペンション部を実車と同様にモデル化、タイロッドを操作することにより、ステアリング操作による回避動作を伴なったオフセット衝突を実施
  • 55km/hで走行中にステアリング操作後、オフセット衝突
  • ステアリング操作を行うことによりタイヤの位置、Y方向速度および車体ロール量が変化し、変形モードに差が生じる
  • ステアリング操作を行う乗員の姿勢により傷害値に差が生じる可能性がある

車体モデル提供 FHWA/NHTSA National Crash Analysis Center





ページトップへ戻る
※ 記載されている製品およびサービスの名称は、それぞれの所有者の商標または登録商標です。
※ 車体モデル提供:NCAC/GWU。

NTT DATAグループ日本総研